キャッシング審査に関する情報サイト。キャッシング審査の注目情報はこれ!

ホーム » 未分類 » 和風料理について再確認してさらにクッキングが上手くなる!すぐに活かせるエッセンス

和風料理について再確認してさらにクッキングが上手くなる!すぐに活かせるエッセンス


浸し物を作るやり方というと十人十色でしょうが、オーソドックスな調理のやり方についても習っておくのも良いでしょう。みりんと醤油、更にだしを合わせた調味料に浸して食べるスタイルが元々の調理のやり方となります。

ただ、醤油と合わせるだけで仕上げるおひたしというのも一般的なようです。

ダイコンやナス等で拵えたお新香は、普段から食事に添えたい一品でしょう。一夜漬けを自家製にする際に入れる塩の分量の加減は、素材に対しておよそ2から3%が理想です。

食塩のみで作るのも構いませんが、可能であればショウガに昆布、またはトウガラシなども一緒に浸けることで趣のある味わいとうま味成分が浸み込みます。

浸しものにするオーソドックスな材料を挙げると菜の花にほうれん草でしょうが、まだ他に意表をつくものがマッチする事もよくあります。

カブの葉やピーマン、カボチャなども適している素材ですから、作れるごはんの引き出しへ加えるもってこいのものと言えるかも知れませんね。

 

  未分類